blogブログ

イタリア製というモノ2017.11.04

事務所の打ち合わせコーナーに時計を付けました。「kartell」-カルテルというイタリアのブランドですが、トーヨーキッチンで購入出来ます。実はこの時計の裏にはエアコン用のコンセント口がありまして、「設計事務所としてどうよ」と言われそうなほど赤い壁にコンセントが目立つ存在でした。これで打ち合わせコーナーも改善され、打ち合わせ中の時刻も何となく分かります。

話は変わりますが、最近世の中の動きが早すぎて、物事を決めるスピードも速く、値段は安く、品質は最高でないけれど、そこそこ。使い捨てのように感じます。なんだか決めるスピードや値段が優先され、愛着が沸くかあるいは長く使えるかなんて考えずチョイスしているように思えてなりません。

あまり意識はしてなかったのですが、所有している乗り物はイタリア製が多くなってきました。運転するには気難しいところもありますが、愛着があります。車の方は既に11年目に突入です。また今の時期晴れているとオートバイで紅葉狩り!なんて最高の気分転換です。

オーディオ室の設計と黄金比2017.10.31

現在工事中のオーディオ室のある住宅です。音環境というものは奥が深く、様々な専門家と取り組んでいる案件です。配線の性能や仕上げ材の強度や硬さなども目下精査中。建築的にはフラッターエコー対策として部屋の形を台形とし、天井も勾配天井にしていますが、強度を確保するのが難しく着工して5ヶ月でようやく方向性が見えてきました。これは建築基準法の強度とは別に、音圧でビビリ音を防止するための強度確保で、これがまた厄介なのです。またリスニングポジションの位置もカルダス式等さまざまな方式を使い決定づけられます。面白いですね。なんだか大学で音響の講義を実践しているようで。しかし生演奏と違いスピーカーから発する音を最良の環境で聞くことを前提にしているので残響時間なども劇場ホールなどと違い苦労の連続です。こんな作業を繰り返して分かってきたことがあります。黄金比という言葉を聞いた事がある方も多いかと思いますが、音環境を良くしていくと、デザイン面でも黄金比と呼応するのか空間のプロポーションが良いのです。これまた完成が楽しみです。そして何より施工会社が面倒がらず対応して頂いていることが心強くもあり申し訳無くもあります。

「反省!と反省!と反省!」2017.09.27

ネコの額ほどのちっちゃな庭が我が家にはあります。先日の週末、良く晴れた気持ちよい日でした。何をすることも無く、ただただデッキでボーっと珈琲で寛いでいると、どこからとも無くキンモクセイの香りが漂い、そして隣の家からはピアノの音色。あ~我が家はいいな。とつくづく思いました。ふと庭を見ると庭には草花が咲いているではありませんか。普段庭の手入れは相方任せで、何を植えているのかも知りません。こんなのでは設計者としては失格!ですね。

翌日、事務所に出社したところ、事務所のキンモクセイも甘い香りを発しているではありませんか。いつもデスクワークと現場の作業状況ばかり見ていて、一番大切な自然が織り成す季節というものを見ていない自分にまたまた反省!
そういえば知人からメールで「中秋の名月に…..」
アラアラ こんな気持ちが高ぶる季節も忘れておりました。反省!

何はともあれ、これから一番気持ちよい季節。寂しい晩秋になる前に自然を堪能しようと思います。

単純な四角形は好きではありません2017.09.08

基礎工事が完了した住宅です。
写真では、わかりずづいのですが、この住宅は平面が長方形ではなく、少し斜めの壁で構成されています。
弊所の設計では良くある事ですが、施工するのが大変で、設計監理も実は大変だったりします。
今回も設計図の通り基礎を施工するまでに何回も図面であるいは現場で確認-訂正の繰り返し。
でも完成した時の空間の豊かさは、四角形の単純な住宅とは比べものになりません。だから敢えてお客さんには提案してきました。完成が楽しみです。

「リノベーション」は頭を柔軟に!2017.08.22

このところ、今まで設計した住宅の改修や増築の仕事が増えてきたように感じます。また、新築ではなくリノベーションによる用途変更の依頼も増えてきました。
新築でもリノベでもこうやって模型を作成することが多く、相変わらずアナログな毎日です。
そして極めて稀なお客さんなのですが、かれこれ十数年のお付き合いの方で、継続的にほぼ毎年設計依頼をしてくださるお客さんが居ります。住宅と隣接する施設を毎年少しずつ、社会変化や家族のライフスタイルに合わせた改修の依頼です。こんな依頼者は稀ですが、今年も水廻りの設計中です。また、設計して間もない住宅でも「より快適な住まいを」との相談も。
新築の設計は無限の可能性があり楽しいのですが、リノベーションなどの設計は頭を柔軟に既成概念に囚われず取り組まないと普通の改修になってしまいますね。と自分に言い聞かせております。

夏の思い出づくり2017.08.03

何でしょうかね。「夏の思い出づくり」って。
これをしないと秋が来ないような気分になるのは。
もう8月というのに珍しく何の準備もしないまま
事務所の机に向かって図面を描く日々。
ジリジリと照りつく太陽を背に、ひたすら目的地に向かって走り
ヒグラシの鳴き声を聞く頃、そろそろ宿に行かないと。
そんなささやかな夏休みをいつも過ごして来ました。
だから今非常に焦っています。

ミホミュージアム創設者 小山 美秀子の言葉で
「いいものを見なさい」
「いいものに触れなさい」
たぬきの焼き物で有名な信楽にあるミュージアム
この言葉が展示されていました。
「いいもの」の概念は時代背景により違ってきていると思いますが、
何か心に訴えかける経験(体験)は大切かと。
そして こんな経験は夏に限る。
と常日頃思っていること。

そろそろ準備しないと…

北アルプス国際芸術祭2017.07.10

長野県の北アルプスが見える周辺地域で7月末まで芸術祭が開催されております。仕事疲れが残る土曜日に、興味ある作品を2点だけ見に行ってきました。
一つ目の作品が古民家(宗教施設?)を丸ごとアートにしたもの。内部は白モルタルで曲面構成された遊び心のある空間に、しばらくこの場で佇んで見ておりました

これからのリノベーション設計に触発された作品でもあり、また小さな子供はこのトンネルのような迷路を飽きもせず走り回っている光景が目に焼きつきました。残念ながらこの作品は芸術祭が終わると元に戻さなければならないようですが、この作品を頭に焼き付け現在進行中の保育施設でも「こんな空間に出来たらなー」なんて。外はいたって平凡な民家風の建物です。

二つ目の作品が、ある特定の場所から民家をキャンバスに黄色い楕円を表現した作品です。アルミテープを所定の位置に張ったこの作品の意図は凡人の私には分からなかったのですが、なんだか古きよき昔の時代に現代のあちらこちらに飛び交う電波が舞い降りた!といった印象でもありました。

今回はこの2作品だけの見学となりましたが、町の活性化や芸術を間近に触れることのできるこの芸術祭は定期的に開催してほしいイベントだと感じました。

現場の仕事は最後の砦2017.06.10

建物が完成するまでには設計図が完成し、施工会社が決まり、工事へと移行し、竣工を迎えるのですが、
設計時に気が付かなかった事や、改善したいところ
ハタマタ、設計中の問題点を改善する最後の砦が工事中の監理業務です
楽しくもあり、気を抜けない作業でもある、とても大切な仕事なのです
現在の工事監理はというと
これから始まる住宅があり

住宅

そして、仕上げ工事に入ったリノベーション(保育園)があり

間もなく完成する住宅があり
とても楽しい仕事環境なのです

赤和観音の枝垂れ桜2017.04.25

枝垂れ桜は山里に多く見られます。集団ではなく一本自己主張するかのように。そう自分の哲学に近いようで、こいつが好きなのです。だからなのか毎年この時期は里山に桜を探しに出かけます。
先日、お客さんとの打ち合わせの際、こんなことを話してくれました。「街道筋や山里の桜は、言わばお墓のようなもの。故人が亡くなった場所の印しとして桜を植えて…」皆がみなそうでは無いと思いますが、恐ろしいような、古に思いを馳せるような複雑な心境になりました。
写真は長野県の枝垂れ桜で有名な高山村の「赤和観音」の枝垂れ桜です。どうでしょうか。古の生活が少し想像できませんか。そこに見える桜を見るのではなく、その背景を想像して心の目で見ると更に物事が楽しくなりますね。

人生フルーツ2017.04.20

長野県にメルヘン街道という気持ちの良い山岳道路があります。冬季は閉鎖されている道路がこの時期恒例のイタリア車先導での開通式があり、今日がそのイベント日。我が家の車も10年を超え、今年が最後かなーなんて思い、イベント参加を企てていたのですが、すっかり忘れて気がつけばイベント終了時刻。実現ならず。

この時期はソメイヨシノが一斉に咲き、その後シダレ桜、山桜と続き、とてもウキウキとなんだか嬉しい気持ちになります。これも四季の移ろいからの影響でしょうか。ここ長野ではソメイヨシノも満開を過ぎ、少しずつ散り始めですが、いよいよ気持ちよい季節となります。

話は変わりますが昨晩、テニス仲間との呑みで「お前!本読んでる?」との問いに「最近読んでないな~」との返答をしたことを思い出しました。そして文章を書くセンスも本を読んでいる量と比例しているのでは…と。何気ない会話の内容が一日経った今ようやく覚醒し始め、今こうしてブログを書いているところです。確かに昔と比べ、ブログを書く頻度や読書する時間が極端に少なくなったことに今更ながら気付かされました。頭の中はいつも仕事のことでいっぱい。休日も打ち合わせが多く、休めるのは夜の就寝前の少しの時間だけ。なんだか人間らしくないですね。仕事をするロボットみたいで。枕元には常に文庫本が置かれ、いつでも読める状態なのですが、睡魔のお誘いにどうしても断りきれない自分がいます。夜も少し苦手となってきました。かといって朝型でもないのです。一日24時間は皆同じ。ゆとりのある人生を送るため、今日は仕事を早めに切り上げて、人生の先輩でもある建築家人生の映画「人生フルーツ」を鑑賞しようと思います。

昭和が懐かしい!2017.01.25

非常にタイミングがいいのです。
夕食前の小腹が空いた時間に、
軽自動車で「ぴぃ~~ビィィ~」と。
焼いも屋さんの車が先ほど事務所の前を通り過ぎて行きました。

 昔は落ち葉や枯れ枝を集めて、芋を焼いたり、
あるいはリヤカーに輪切りのドラム缶製石焼芋機でしたね。
ドラム缶の中には熱々の石が遠赤外線を放出して、芋を甘くします。
通り過ぎた軽トラックの音で、懐かしい昔を思い出しました。

同じように、ラッパ片手に
「to~fu~」とラッパを上手に鳴らしながら自転車が家の前を通り過ぎ、
「ちょっと、豆腐屋さん止めておいて!」と母親から言われたものです。

 最近運送会社のドライバーの失態が話題になりましたが、
今は何でもネット注文で宅配が主流でしょうか。
非常に早くて便利ですが、
どこか情緒が無いというか人間的ではありませんね。

 最近見たテレビで、ある建築家が「家や街は人の繋がりが無いと衰退する」
というような事を言った意味が何となく分かるような気がします。

鉄製の階段の薦め2017.01.22


これは木造の住宅に設置予定の、製作がほぼ完了した写真です。
木造住宅では主に大工さんが木製の階段を設置するのが常ですが、弊所ではこのように鉄材で製作した階段も多いのです。なぜこのように木製ではなく鉄製とするのか。理由のひとつは構造のボリュームが小さくできるからです。軽やかな階段とでも表現できるでしょうか。インテリアの主役となる階段、触れてみたい階段、そして上ってみたくなる階段になれば何よりです。とても難しい工事でもありますが、出来たときの階段は木製では表現できない表情を持っています。このように一般的ではないデザインは、ここまで来るのに施工図という図面を何枚も描いては訂正しての繰り返しで、ようやく加工出来るのです。
そして、現場でこの2基の階段が予定通り安全に納まると少し安心します。
その時期も間もなく来ようとしております。